からだのひみつ

2009年9月14日 (月)

身体と心の関係 2

肘が伸びない。

このような悩みをもたれている方は、もしかしたら
けっこういるのかもしれません。

「肘が伸びない」=関節の問題。

普通、このように考えますし、確かに目で見える
現象としてはそうなります。

そして、肘そのものに何かしらのアプローチを
施すことで、それなりに伸びるようになる……
場合も、たくさんあります。

でも、それで伸びてこない場合も、実はたくさん
あるでしょう。。


たとえばボクは、幼少時からつい最近まで、肘を
まっすぐに伸ばすことはできませんでした。

日常に多大な影響がある訳ではないので、ことさら
大きなデメリットとしてとらえてはいませんでしたし、
幼い頃からですので、そのことに不快感を感じること
も、表面的な意識ではあまりありませんでした。

ただ、だからといって、デメリットがなかった訳では
ありません。

そして、肘と関連しているのですが、小学生くらいの
頃は、机でノートに何かを書く時は、常にノートが左に
捻れていました。

最初まっすぐにしていても、気づけばそうなってしまう。

たまにそういう子供を見かけることもあるでしょうけれど、
そういう場合、身体の捻れている側の上半身は緊張して
萎縮しています。

どこが萎縮しているのかといえば、筋肉、というよりは、
もっと奥深く。

その奥深くの影響で、身体はねじれ、肘は伸びないという
現象を導いている、、、、といえます。

左半身の萎縮、それも外的な筋肉ではなく、より奥深くの
萎縮は、臓器でいえば胃腸や心臓の働きに影響します。

胃腸がいつも緊張しているような身体であれば、精気に欠け
元気がなく、心配症な雰囲気を醸すでしょう。

そして心臓の影響は、いつもドキドキとした、どこか不安な、
そしてどこか恐怖感をまとわせるものです。

小学生時代のボクは、相当に萎縮傾向の強い子でした。

何かよくわからないけれど、すごく引っ込み思案で、いつも
人の後ろにいるような感じ、、の子ですね。

これらも、それまでの抑圧や幼少時のトラウマやらが影響
しているのでしょうけれど、、まあ、とりあえずそれは
どうでもいいことです。


ここでご理解いただきたいことは、

「身体の状態が心に反映される」

ということ、です。

そして、その身体が変化する、ということは、心の様相
そのものもまた変化する、、ということです。


いま現在のボクの肘は、ほぼ人並み程度に伸びるようには
なっています。

そうなって初めて、伸びなかった頃の自分の身体の様相を
理解するに至りました。

そして、身体の状態がどれだけ心の様相に影響するか、も
深い実感とともに理解することが、できています。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

身体と心の関係

心が身体に与える影響、、という面は、ここ最近で相当
クローズアップされてきた面もあります。

ただ、その表裏概念である、身体から心に与える影響、と
いうものも、確かに存在します。

たとえば、目を使い過ぎれば神経系は疲労する。
ここまでは普通に考えればわかりますね。

では、その目の疲労の影響によって、たとえばイライラしたり、
気分が、一時的にせよ深く沈んだり、、ということもあります。
あまりそれが「目の疲労」の影響と考えることもないとは
思いますが、、実際にそういうこともあります。

身体の状態で、あらぬ不安に襲われることもあれば、
変に意地を張ったり見栄を張ったり、イジワルになったり
することもあるのです。

これは、子供であっても、大人であっても同じです。

身体というのは、そういう意味では表現の場。
「いま」のその人を、端的に映し出します。

たとえば、左肩が上がっている。
それは、胃が緊張しているからなのか、肝臓の緊張の
影響で右側が縮み左が上がって見えるのか、心臓の影響
なのか、またまた首のゆがみなのか、腰のゆがみの影響
なのか……
胃が緊張しているとしたら、それは食べ物の影響なのか
上司からのプレッシャーの反映なのか、家庭事情による
心配からなのか……
子供であれば、学校で何かあったのか、何か隠し事をして
いてそれが胃の緊張として現れたのか……などなど、、。


自己を取り巻くあらゆる環境のなかで、相互に連動し、その
時々の有り様を映し出す心身のメカニズム。

驚きも悲しみも、怒りも憎しみも、そして愛も、、、。
すべては身体を通して実感されるものです。














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

小児の調整の実際

今日は、朝から小学生のお子さんの調整を
4名ほど。


お子さんの調整を…というようなお話をすると

「ええ…子どもはふつう健康でこういうのいらない
 んじゃありませんか?」

というお応えをいただくこともあります。

けれど、それは正鵠を得た見方、とはいえない、、
というのが現実、とボクは実感から思います。

むしろ、心身が未成熟な時期であるからこそ、調整できる
ところは調整しておくことは必要でしょう。


たとえば一見すると利発そうで、実際の学校生活でもリーダー
的存在になるようなお子さんでも、身体を観ると背中が
こわばっていたり、お腹が固くなっていたりします。

それは単なる外見や、振る舞いからはなかなかふつうは観え
にくいものですけれど、身体はそうやってサインを送って
います。

それとは反対に、たとえば、学校でイジメにあっていたり、
友達ができないと親御さんが心配していても、実際のその
子の身体は、さほど歪みのない場合も、あります。

もちろん、それはそれでしんどい思いをしてもいるのでしょう
けれど、身体的にはその現状をキチンと受け取り、すでに
消化している……この場合は、そういう見方もできます。

そこに至るプロセスは確かにあり、そのプロセスにおいては
大変な時期もあるでしょう。
けれど、そうやって自ら消化し、乗り越えていく力というのは
基本的に誰の内にもあるものです。


その内なる力を引き出す……身体を調整し、そのお子さん自身の
気の流れをサポートする。

停滞している(気の)パイプのつまりを解放すれば、誰しも気持ち
いいはずです。
そしてそれは、大人も子どもも、関係ありません。

それによって、まだ表現する術すら知らない子どもの、素直な
感情が現れてくるかもしれません。


今日、ここまで4名のお子さんを調整して、みな調整後には
気がスッと通り、あるお子さんはそのまま爆睡smileしてしまい
ましたnotes

お子さんはお子さんで、生きていくのは大変なんですよね…。



今日の調整が、みなさまの身・心・魂の健全なる気の流れを促す、
そのサポートとなりましたら幸いです。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月15日 (土)

手首、咽喉、腎臓、扁桃腺

タイトルだけ見ると「ん?」という感じだと
思います。

「手首と、、、咽喉ってノドだよね…」
「腎臓と扁桃腺…場所も全然違うじゃん」

という風に思いますよね?


ところがこれらは、均整的には互いに関連性が強い、
相関関係があると考えます。

たとえば、ノドに何かしらの異状があるとします。
この「ノド」は、咽喉でも扁桃腺でも、またノド
とは違いますが「舌」でもかまいません。

そういう場合に「足の裏」を両足触れてみます。
そうすると、両足で筋肉の硬さがちがいます。

だいたい、どちらかが冷たく硬くなっていますので。
それがわかったら、その側の足の裏をゆっくりと揉んで
あげて、柔らかくしていくと、たとえばノドの痛みが
和らいだり、高い熱がスッと改善されたり……する場合
もあったりしますhappy02

足裏と内臓の関連は、最近ではリフレクソロジーなどの
普及が進んで案外理解しやすい状況になっていますので、
「あるかもheart01」って感じしますでしょ?

それで、その足裏の硬くなっている部位をリフレなどの
反射図で見れば、腎臓や腰、尿管などの部位だったり。

そうすると、咽喉や扁桃腺と腎臓って関連深い……
ということに、、なりませんかwink

それで、均整ではそういう時によく「手首」を調整
したりします。

「手首」を調整することで、これらすべてに良い影響を
あたえ、異状を改善することに役立つのですね。

それはもちろんケースバイケースですが、こういう意外な
身体の関連性を用いて身体を調整するところに、均整の
醍醐味はあったり、、します。。









| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

老化と肋骨

「均整」の特色のひとつに、世代や要求に合わせた
技術が豊富に用意されている、ということがあります。


たとえば鼻に何かしら不調を抱えているとしましょう。

鼻の不調といってもいろいろですね。
蓄膿、鼻炎、内部腫れたり、鼻水がつまったり……。

そういう「状態」で判断していく場合がひとつには
あります。

ただ、そういう「状態」で判断していくことと別に、
たとえばまだ成長段階にある子どもであれば、その
成長過程におけるひとつの身体表現としての不調、
という見方もできないワケではありませんね。

そうすると、成人とされる年代とそうでない年代では、
必然的に同じ不調であってもその「中身」には違いが
あることになります。

もちろん、その「中身」はもっと突き詰めれば人それぞれ
なのですが、世代で共通する因子というものを大きなワク
でとらえてみることもできるのです。


さて、その「世代で共通する因子」ということで、
たとえば身体が老いていく、という場合に共通する
因子は何か?

それも多々ありますが、大きな因子のひとつに「均整」
では「肋骨」を挙げています。


「身体が老化すると肋骨が水平になってくる。
 前から見ると肋骨は下がっているのであるが、年を
 とってくると水平になってくる。
 普通肋骨の状態からみれば、年をとったということは
 呼吸が浅くなったといえるのである。
 だから、肋骨を本来の姿に挙げて戻すような運動を
 やれば老化は防げる。

 老人の体力づくりは肋骨を挙げるようなことをやれば
 体力づくりができることになる。
 年をとると肋骨が水平になり、そうすると歩くときの
 歩幅が狭くなる。
 歩くのに足が出なくなる。
 しかし歩く稽古をしても無駄で、年寄りの冷や水になる。
 肋骨を引き上げるような運動をやった方がよい。」

(東京均整学院・均整指導教室『呼吸器(肋骨)調整』より)


昨日、さまざまな病気を抱え、歩くこともままならない
ご老人の方に来訪いただきました。

その方はお若い頃柔道や剣道を相当やり込まれたそうで、
それをうかがわせるように肋骨はまだまだ強健。

「近所くらいまともに歩けるようになりたい」ということ
でしたが、上記のような均整的所見からいえば、その
土台(肋骨)はしっかりしていることになりますから、、
しっかり調整でサポートできれば、と思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

骨格均整の基礎理論

昭和39年…というから、1964年、つまり今から45年前に
行われた、身体均整法創始者、故・亀井進師範による

「骨格均整の基礎理論」

という講義が、口述筆記のカタチで残されていますup

脊椎(背骨)の正常彎曲の位置などから始まり、次第に
骨格を均整にしていくうえで重要な脊椎骨の解説へと
話は進みます。

たとえば

「尾骨(いわゆる尾てい骨)は一名(ひとつの名称として)
 笑骨といって、強打すると笑いながら死んでしまう
 というようなことがある。
 犬でも負けた時はしっぽを内側に巻き込んで逃げて
 ゆくが、威勢のいい時は上へあげている。
 脳で参ったということになると尾骨は巻き込んで
 くるという骨の生理がある」

とあります。

ボクの経験からいっても「尾骨の巻き込み」という現象
は実際にあって、上記にあるように脳的に参ったshock
いうような状況にある方、精神的に疲労の激しい方など
の尾骨を調べると、本当に巻き込んでいたりします。

逆にいえば「精神的に参ってしまって……」と口では
いっていても尾骨が上へピンとなっていたら……
それは本当は全然参っていないことになる、ということ
でもありますcatface

また、尾骨に関連して小児まひについても言及されていて、
脳性であれば尾骨は肛門の方へ曲がっていて、脳が良く
なってくると尾骨も伸びてくる……とも。


また、たとえば

「猪首になると暴力に訴える」

という口述。

その理由は

「猪首になって頚が動かなくなると、どこでカバーする
 かというと手が早かったり足が動いてみたりして
 自分を守ろうとする」

からだそうです。

この傾向を調整するには、頚のある場所を整える。
そうすると頚も細くなるなど……。。


骨格均整……といいながら、話は色々な方向へ飛んで
いくこの口述記録。。

いま読んでも面白いですwink


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

寝違い

均整的にいえば

「痛みあるところねじれあり」

といえる、、かと思います
happy01


痛み、腫れ、むくみ…などなど
身体の

「出る出ない」

には、この「ねじれ」が関わっている、というのが
均整的な調整を重ねていくと実感できます。


たとえば、「寝違い」という身体現象。

ある朝起きたら突然

「首が回らない」

という経験をされた方は多いのではないでしょうか?

実はこの「寝違い」にも、「ねじれ」は関わっていると
均整的にはいえます。
通常は2、3日で放っておいても楽になるもの。
ですがまれに1週間しても変わらない…こともあります。

こういう場合、何らかの要因で腎臓が疲労しています。

ですので、対策としては程度にもよりますが先日も紹介した
「足湯」などは腎臓の疲労を回復するのに役立つので、もし
そういう状態にある場合はお勧めですhappy01


これだけでも自然に回復するのですが、もう少し早く……
と望まれる場合。

だいたいこういう場合は、ある位置に首を動かすと痛みます。
その痛みを覚えた部分を、自分の指先で押さえて、押さえた
まま首をそこを中心に伸ばすようにしてみます。

うまくいけば、これだけでも動かすのは楽になりますよ。
首の「ねじれ」、これでも改善されるのですから。

うまくいけばsmile




お試しあれshine



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

少しだけくわしい『重心』の観察

今週は『重心』シリーズになってますがsmile
今日で一応はシメますね。


実際の身体調整の場面では、ここまで紹介したような
おおまかな判別ではなく、緻密に、こまかく観ていきます。

たとえば、あおむけに横になっていただきます。
その時、重さでは右足が重いとしましょう。
ふつうは、これでいいのです。

ただ、より精緻に身体を調整しようとする場合、
たとえば、足の甲の太さなど観たりします。

もっといえば、ふくらはぎ、太もも、
運動検査、つまり筋肉や関節の能力を調べることも
行います。

そうすると、筋肉的には緊張している脚だけれども
そっちは軽く、筋肉的にはゆるんでいる側の方が重く
なっていたり、します。

そうすると、その因果関係をさらにくわしく観察して
いく……ことになるんですね。

部分と全体
外側と内側
脳と骨盤
身体と心、精神など……

連鎖する関係性を解明しつつ、その答えを身体に求めていく…

『重心』というのは、そういう足がかりになるファクターと
いえなくもないですねhappy01




まあ、こういうと難しくなってしまうのですがcoldsweats01

「均整」というのは、『重心』と『重心傾斜』のメソッド。
その偏りを、あのテこのテで解消していくメソッド。

そういう感じで、とらえていただければ良いかな、、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

右側が重い身体

7月に入って初の更新note

実はしばらくログイン不可能となっていてcrying
本日ようやく中に入れました。。。

今日から、また再開ですhappy01


さて、
「均整」でよく使う言葉のひとつに

『重心』

という言葉があります。

均整的なこの言葉の意味をザックリいってしまえば、

「重くなっているところ」

という意味を、指し示します。


この「重くなっているところ」を判別する。

それが、ある意味では「均整」の第一歩といっても
あながち言い過ぎではありません。


たとえば、仰向けになって脚をまっすぐ伸ばします。
そして、脚を片方づつ、ヒザを曲げないようにして
上げてみます。

その時、どちらかが重く、どちらかは軽く感じること
は、別段不思議なことではなく、けっこう普通にある
ことです。

この時、はっきりと重く感じる側がある。
それならば、その側が仰向けの場合『重心側』になって
いるということになります(均整的に)。

『重心側』というのは、「重くなっている側」。
重くなっている、それはすなわち血液などの体液の流れを
停滞させる筋肉の緊張が強い側、ということになります。


実際のセッションではもっとこまかく観ていきますけれど、
多くは右側が重く硬く、左側が力に欠けてしまっています。

右側が重い。
右側というのは、臓器でいえば「肝臓」があります。

コリや痛みの強い方というのは、「肝臓」周辺の筋肉
組織は縮んで硬くなっていることが多くあります。

「肝臓」異状というとほとんどの方は「お酒bottle」という
発想をされますがcoldsweats01、実は「肝臓」は多種多様な働きを
する身体の工場ともいわれる重要な臓器です。

また、「眼eye」とも深く関わり、「眼」に何らかの不調を
感じるのであれば、「肝臓」の働きにも目をむける必要が
あります。

また、「眼」そのものの異状から「肝臓」を傷めるなんて
こともあるでしょう。。。

右足裏に硬さを感じる
右足が太く感じる
右肩がコル

こういった時は、まず「右側が重くなっているな」と思って
みてください。

この重さを解消し、『重心』をニュートラルにする自分で
できる方法は……いろいろあります。


近日、ご紹介いたします、、、ね。。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

「むくみ」の均整的セルフケア

「足がむくんでます〜〜weep

というレスキュー要求がこのところ多くあります。

ですので今日は、「均整的」な視点からの「むくみ」の
セルフケアをお伝えしようかと思います。



「均整的」という場合、実は「むくみ」という現象そのもの
を、あまり重要視はしません。

……というと「ええwobbly」みたいな反応されるかもしれませんが、
そうなんです。。

「均整的」という場合、起きている現象(この場合「むくみ」)を
どうこうしようとするのでなく、その背後で起きている現象を
ターゲットにします。


それが「ゆがみ」、ですね。


筋肉や骨格のゆがみが、どのような関連性で起きていて「むくみ」
という結果を呼んでいるのか、、、

そういう目のつけ方を、します。

そして、その「ゆがみ」が解消されれば、必然的に「むくみ」も
解消される、、

だって、身体はむくむ必要があってむくんでいるのですから、その
必要がなくなれば、、、そういう意味で必然的smile



ですので、本来からすれば、個々それぞれで「むくみ」の
起きている身体的なメカニズムはちがうはずなのです。

ただ、そうであっても、やはり目の前にある「むくみ」と
いう現象に不安を抱えてしまうもの。

その不安を解消する、「体操」をここではご紹介いたします。

この「体操」は、“背骨”をターゲットにします。

「むくみ」で多く関わる身体の「ゆがみ」は“ねじれ”。
その“ねじれ”のコアとなっているのが、腰椎3番という
腰の中心にある骨です。

ここでは、実践しやすくコンパクトにしてお伝えしますね。


1、まず仰向けになります。
2、脚を肩幅に開いて、脚を伸ばしたまま片脚づつ床から
  浮かしてみます。
3、重い、上げにくいなど感じる側を「重心側」とします。
4、「重心側」でない方の脚を大きく開いて
5、「重心側」の脚を上げてまっすぐ伸ばし、両手でその
  脚のひざ裏を持ちます。
6、そのひざ裏に胸を近付けるように上体を持ち上げ、
  大きく息を吸ってしばらく止めます。
7、やや息苦しさを感じたら「フッ」という感じで力を抜き、
  脚をゆっくり降ろします。
8、そのまましばらく呼吸をおちつけます。

手順としては以上です。

これを1日1回だけ、行います。

注意点としては、ひざに胸を近付ける時にひざを曲げないこと。
あとは、その際にムリをしないこと。

最低1週間くらいは継続してみてください。


こういった体操のバリエーションが「均整」には豊富にあります。
もし実践してみて何かクエスチョンが出ましたら、ご連絡くださいhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)