アプローチ

2009年10月28日 (水)

顔のマヒ

ボクがかりそめにも「均整師」として一本立ちして、気づけば
もう14年目に入っていましたcoldsweats01

初期の頃、ほかに仕事を持ちつつ、あちこちに出張していた当時
を、最近ふと思い出すことしばしば。

もうすぐ40歳、いわゆる不惑を迎えるからなのか、、
また、何かしらの、新たな展開の前触れからなのか、、


その最初期、
つまり、「均整師」として本当に駆け出し始めたまさに初めての
クライアント(この呼び方は不本意ながら、便宜上)さんとの
お付き合いは、いまだにあります。

その方は、時折思い出したように「空いてれば…」と来訪される
こともあれば、具合の悪い時だけは頻繁にcatfaceおいでになる方。


この夏、その方が患ったのは顔のマヒ。

通常、医学的にはこの症状は早くて1か月、人により1年程度
はかかる、、、と、病院では説明されるそうです。

医学的にこういうと言うことは、、要は自然にまかせるしかない
ということ。

そうであれば、また別角度からのアプローチをする意義も意味も…
ありますよねsmile


けっこうなマヒでした。
けれど、1か月後には、傍目にはかなりの改善度合。
まあ、ご本人、女性ですしまだまだ不満気でしたけれど。


均整的には、「マヒ」というのは虚、つまり身体的に弱化
している状態、、と捉えます。

それは、部分、つまりこの場合は「顔」、もっといえば
脳神経系(三叉神経など)の虚、ともいえますし、さらには
身体全体の虚、ともいえます。

そうすると、どこがどう弱っていて、どういうつながりで
「顔のマヒ」という状態とつながっているのか、、
そういうことを「読む」能力が必要になります。

症状というのは、多くの場合は結果に過ぎないので、それを
引き起こす、身体的な要因を読み解くことができれば、
より深い見地からのアプローチが可能になるからですね。


この方の場合も、「顔のマヒ」から、次々といろいろな症状が
出てきていましたが、これも、身体を全体として捉え、結びつき
を読みとってさえいれば、ほとんどは想定の範囲内。

あわてることもなく、アプローチできます。



その方は今日来訪され、引っ越し祝いといって、ビワの鉢植えを
持参してこられましたpresent

「引っ越し随分前なんだけど…confident」と言いながら、ありがたく
頂きました。

イヤイヤ……

ありがたいことですhappy01









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

叩打という技術

「均整」にはいろいろとユニークな技術があり、そのうちの
ひとつに「叩打」という技術があります。

「叩打」…これは、そのままズバリ「叩く」技術です。


というと、「ええ?」と思われる方もいるかもしれませんが、
「均整」では当たり前に存在しています。

まあ、「叩く」というと、ふつう「バチーンpunch」みたいな
イメージがあるのでしょうけれど、まさかそれはありません。

「痛くないように(基本的には)」
「傷がつかないように」
「気持ちのよい感じで」

アプローチするからこそ、技術なんですね。



「叩打」は

○内臓や筋肉を縮めたり弛めたりする

ことに優れています。

これはもちろん、知覚神経や運動神経、自律神経といった
神経系への作用をおよぼすからです。

その技術もいろいろで、眠たくなるような感じで叩いたり、
ハッとするように叩いたり、背骨の左右を叩いたり、速く
叩いたり、ゆっくり叩いたり……。

その目的や、受けている方の状態などに応じて、いろいろに
使い分けることになります。

もっというと、受けている方の身体を貫通するように叩いたり、
体内に蓄積するように叩いたり…もちろん、痛みもなければ
危険もありません。



「叩打」という技術。

身体を整えるために、とても役立つ技術です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 9日 (金)

内臓賦活

身体均整法は、1950年代当時の、海外の先端的なテクニック
とともに、日本国内の優れた療術の影響も受けています。

というよりは、創始者のさまざまな交流と熱意ある研究に
よって、より洗練された形で「均整」のなかにそれらを
組み込んでいった、という見方をボクはしていますhappy01

たとえばその昔あった「按腹術」。
古い日本の武術などでは活法といい、命に関わるような
急場をしのぐ蘇生技術が密かに伝えられていたようです。

そういう技術も、「均整」のなかには脈々と伝えられて
いて、たとえば「内臓賦活」などは、その最たるものでしょう。


腹部は、身体の調整をするうえで、非常に重要な処です。

最近ではようやく「セカンド・ブレイン」などといわれ、また
免疫学的にも腸の重要性が取り上げられてきています。

創始者自身の弁を借りれば

『1、腹部調整の原則は、脊髄調整法が病的機能の抑制にあるのに
   対して、生活機能の興奮(旺盛)を促すにある。
 2、調整の目的は、利尿、宿便の排除、消化機能の鼓舞、栄養
   吸収の促進、臓器ならびに脈管の炎症除去、鬱血を散じ
   硬化の予防、膏肉の壊滅にある』(「療術臨床必携」より)

ということになります。

海外のスパリゾートなどではかなり「臓器マッサージ」が人気
だそうですが、その方式は「う〜ん、どこかで見たような…」
という印象ですcoldsweats01


タイのマッサージや中国にも似たような手法を見受けられます
ので、腹部へのアプローチのルーツをたどれば、やはりそういう
ところに行き着くのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

観歪法

観歪法。

「かんぷほう」または「かんぷうほう」と読ませます。


「人体に存じている中心の体性をあばいてその固有の本能、
 形相、形態、機能を顕わし、醜を転じて美となし、眠れる
 機能を興し、冷に温を与え死物に生を興えて人体を生かす
 の法、人体の調和を図る呼吸を身体均整法と称す。
 
 美醜を判別するだけではものの用にはたたない、醜を転活
 する、これ観歪法である」
(『観歪法の序』より引用)


以前「脊髄神経反射」について書いたことがありますが、背骨脇に
派生している神経系を刺激することで、身体を調整していく手技を
まとめたもの、それが「観歪法」です。


肝臓、胆嚢、脾臓、胃、膵臓、小腸、大腸、腎臓、副腎、膀胱、
生殖器、肺、心臓、脳、眼、耳、鼻、口、歯、咽喉咽頭、乳、
横隔膜、肛門、前立腺、動脈、血圧、血管、血液、エネルギー、
四肢、神経痛、神経麻痺、痙攣、自律神経、中毒、皮膚、子供…

など、およそ一般に想像しうる、身体全体にわたる範囲でその
調整の場所やどのように刺激すれば良いのか…が記載されて
います。



ある内臓器官、たとえば胃なら胃、肝臓なら肝臓で、その臓器
自体がほかの器官と独立して単体で悪くなる…ということは…
ありません、、よねhappy01


たとえば、胃が空になりエネルギーが枯渇してくれば、脳が
それを感知して空腹感を生成したりして、エネルギー補給の
必要性を知らせます。

それと同じように、たとえば肝臓が疲れてくれば、それに関係する
神経にピッと刺激がいきます。
そのピッとした刺激で、脳は「いま肝臓が疲れている」という
シグナルを関連する器官に一斉に発信します。

それがたとえば肩のコリだったり、背中の筋肉の膨らみとして
反映されたり、します。

それが、身体の「歪み」として現れます。
その「歪み」を「観察」して読み取り、適切な調整を図る。

「観歪法」というのは、こういう考え方のもとまとめられた
もので、かなり凝縮した内容があります。

本当に、これだけのものをまとめるのは、パソコンも何も
ない時代(昭和33年作らしい)、どれほどの苦労があった
ことか……crying








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

お化粧マインド

ボクはよく思います。
人は、つくづく「お化粧」が好きなんだな、と……。

「お化粧」といっても、いわゆるファンデーションなど
を女性が顔に塗るというソレではありません。


たとえば、体裁を繕うため
たとえば、自分にとって不利なその場をしのぐため
たとえば、自分の立場を有利にしたいため
たとえば、病気を重く見せたいため
たとえば、苦労していることを認めてもらいたいため
たとえば、仕事で楽をしたいため

……などなど。

このように、状況をできるだけ自分の思うような方向に
向かせたい場合、人は往々にして無意識に、あるいは
時や人によりて確信的に

自分に、もっといえばその心に「お化粧」を、します。


これはいい悪い、善悪、そういう概念抜きにして、人は
誰しも、こういう「お化粧」をするメカニズムを有して
います。


カッコよく見られたい
誠実に見られたい
男らしくみられたい
女らしく見られたい
優しく見られたい
ただ、愛されたい

こういう欲求は、誰しもあるもの。
このような欲求あるがゆえに、人は努力もし、頭も
使い、オシャレもします。
このような欲求あるがゆえに、ある意味で「文化」は
常に進歩というベクトルを持ち続けるのでしょう。


ただ、

この「お化粧」も、あまりに幾つも重なり過ぎると、また
あまりに「理想」という名のイマジネーションで厚く塗り
過ぎると、思わぬところで見られたくない部分をさらす
ことになります。



自分の影なる部分は、自分はおろか他人になど絶対に
見られたくはないもの、でしょう。

それがゆえに、いつも必死で「お化粧」をして、その
影なる部分に色をつける。

でも、この色は、ちょっとした隙に落ちてしまいます。
必死で隠そうとするその心は、実は脆く壊れやすいもの。
そんなにいつまでも、隠しておいてはくれません。

「〜でいたい」という欲求のもと、必死でがんばっていた
のに、ポロっとその影を表に出してしまった。

そうすると、その隠そうとする心は、慌てます。
ほとんどの場合、慌てて狼狽してしまいます。

そうすると、心全体は揺り動き、もともと内在していた
不安や恐れは、暴れ始めます。

どうにか、「○○である自分」を保とうと……。



誰にでも「欲」はありますよね?

ボクにしても、「いいセラピスト」「上手」「できる」
などの評価を受けたいという欲求は、ないワケでは
ありません。

こういう「欲」を満たし、他人から認められ、自分で
自分を納得させたい、褒めてあげたいがために、人は
自分の生きる分野で向上を目指し、努力するのでしょう。

そうしていくなかで、自然と「お化粧」は薄くなったり、
しなくなったりしてくる…事もあるでしょう。

でも、努力の方向が最適でなかったり、ただ苦しいだけで
実りもない期間が長く続いたりすると…人はやがて疲れ、
身も心も荒んでいきます。



もしいま、
あなたにそういう自覚があるのでしたら、



独りよがりの生き方を
怒りに流される生き方を
人を傷つけ自分も傷つくような生き方を

素直に率直に
見直す時期……なのかもしれません。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

子供の皮膚症状

皮膚にできる諸々の症状。
いろいろありますよね?

ニキビ、吹き出物、湿疹、乾燥肌、水虫、、、などから
アトピーや乾癬などの難病に分類されるものまで、実に
いろいろあります。

ボク自身、いまから…8〜9年前あたりは、相当皮膚に
症状を出してました。

またいつかこの頃のことを書く機会もあるかもしれま
せんが……けっこう大変だった記憶があります。




医学的な見方を参考にすれば、まず皮膚には外皮と内皮
があります。

身体の外側、通常イメージされる皮膚のことを外皮といい、
身体の内側、胃腸などの内臓を覆っている膜を、内皮と
いいます。

これらは別々のものでなく、発生源は同じ細胞。
ですので、当然のことながら連関しています。



均整や整体などの考え方では、皮膚は重要な排泄器官で
あり、内臓、とりわけ胃腸や肝臓などの消化器系や腎臓
などの泌尿器系との関係を考えます。

皮膚にできる諸々の症状は、体内でのさまざまな浄化が
何らかの影響で停滞していることから生じる……という
見方、をします。

また、呼吸器系や神経系との関係も深く、ストレスなど
心理面からの影響によって皮膚症状が出る、という見方
もします。


均整には「小児均整」というカテゴリーがあり、お子さん
に多い諸々の症状の調整手法は豊富に存在します。

そこでは、やはり肝臓を中心とした手法が紹介されて
います。

そのうちのひとつの文章。


「皮膚症状があると、右足の血液が鬱血状態となり、
 太く大きく感じる」


とあります。

体内で処理できない老廃物、つまり体内の毒から生じる
皮膚症状の場合、おそらくほとんどこういう感じになる
ことでしょう。

こうなっていた場合、「足湯」や「右の足首を回す」など
のセルフケアで、自然に経過する能力を高めておくとよい
ですね。

もちろん、慢性的な症状はそうカンタンではなく、その他
いろいろな場合がありますから一概にはいえませんけれど。

熱があれば、それをうまく引き出して体内の毒素を自分で
処理する能力を高めることも、できたりします。


まあ、なかなか難しいですが、丈夫な身体を形成するうえ
で、こういう考え方はけっこう役立つのではないか、と、
思って、、います。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

ホントの言葉

咲き誇る庭園の花々も、必要だからとせっせと肥料を
与え過ぎると、やがてその美しさは去り、そのことに
よって病み衰えていきます。

その美しさを、美しいままに維持していこうとする
のなら、天候、土の状態、そして何よりその花々の、
いや、そのそれぞれの「花」の個性をつかむこと。

「いま水が欲しい」とその花からの伝言を感知し、
どのくらいの量が適切なのかと、逐一様子を観ながら
適切な分量を与える。

そうやって、美しい庭園は美しいまま維持されていく
のでしょう。

ものいわぬ花々。
しかし、ものいわないからこそ、維持する側の人々は
感覚を研ぎ澄まし、花のコトバを理解しようと努める。

その背景には、その花々を愛おしむ気持ち。
その気持ちと花々が深くつながる時に、「いま」と
いう、閃きにも似た感覚が芽生えてくるのかも。



しかし、いくら「いま」をつかめたからといって、
与える肥料が適切でなかったり、水が腐っていたと
すれば、花々はたちまちのうちに病み衰えます。

ただ与えるのでなく、その与えるものの

「質」「量」「中身」・・・etc

などの適切なことが、必要になります。

たとえ高級な肥料や高度に浄化された水を与えて
いても、その花の個性にそぐわないものであった
とすれば、、、行き着く結果はやはり病み衰える
ことになるのでしょう。

これは、人も同じ。

いま、その人に何が必要なのか?


「人は言葉があるのだから、聞けばいい」

と思われるでしょうけれど、本当に訴えたい何かを
言葉にできる人ならば、確かにそうです。

でも、そうでないから行動がチグハグになったり、
自己チューになって、頑なに自分を崩さなかったり、
どこかに痛みを出したりしてサインを出すのです。

それらサインの本質は何か?
それも「こうだ」と決めつけず、じっくりとその人を
観ていくことで、深い処から理解できるのでしょう。


人にはものいわぬ森羅万象のコトバを理解する能力が
備わっているのです。

そういう感覚を少し研ぎ澄ます意味でも、目の前の
その人の「ホントの言葉」と、つながってみましょう。

「ホントの言葉」がつかめたその時、意思の疎通も
スッと、川が流れゆくようにサラサラと伝わるように
なるものです。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

背骨の表情

「背骨」は、解剖学的、つまり学術的な見地から見れば、
ひとつひとつの「骨」であり、「物体」であり、人の身体
の土台となる「柱」である、といえるでしょう。

ただ、均整のように、その「背骨」を基盤に身体を捉える
メソッドからすれば、その観点だけでは少し足らない…
といえるかと思います。



生きた人間というのは、活動時はもちろん、たとえ眠って
いても呼吸をし、脈は打ち、細胞は常に入れ替わっています。

では、「背骨」に限らず骨全般、そのような活動はして
いないのか……といえばそんなことはなく、ごく当たり前に
呼吸の恩恵を受けているし、栄養を吸収もしますし、細胞は
いつも入れ替わっているのです。

「骨」イコール「硬い」イコール「変化しない」
と、なんとなく考えがちになるかもしれませんが、そんな事
はなく、他の身体器官同様、常に変化変容を遂げています。

その変化変容は一様ではなく、多様極まりありません。



「背骨」の役割というのは、何も身体の「柱」になることだけ
ではありません。

最近では、脳が全身のコントロールセンターであることはもはや
常識のようにいわれるようになりました。

では、その脳は、どのようにして全身に指令を発したり、あるいは
内臓などからの信号を受けたりするのか…というと、「背骨」を
中継して神経ネットワークを形成していることで、そういう役割を
担えているのです。

そういう意味で、身体の大黒柱は、「背骨」といえるでしょう。

そして、その「背骨」は、実にいろいろな表情があります。

イライラしている時は、そういう表情を
嬉しい時は、そういう表情を
悲しい時は、そういう表情を

如実に、表現します。

それも当然のことなのですが、たとえば東洋医学では肝臓や
心臓などの「五臓」が人の「感情」と密接に関連している
ことを明らかにしています。

たとえば、人はイライラしている時は、肝臓が硬くなります。
そうすると、その肝臓に関連した神経はそういう信号を受け
ることになります。
そういう信号を受ける神経と関連した「背骨」は、微妙では
ありますが、その影響でわずかにポジションが狂ったり、
周辺の筋肉を硬くしたりします。

つまり、内臓や脳とダイレクトにつながっている「背骨」は、
常にその影響で変化変容を遂げている、、ということです。

そういう常に変化変容する表情を、指先で触れて読んでいく。

ずっとこういう事をやっていると、とても骨を「物体」と
捉えるような観点は持てません。。


生きている身体。
やはり神秘に満ちています。。。。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

生理痛と生理不順 その2

まれに

「3か月に1度しか生理はきません」
「思い出したようにたまにきます」

という方や、人によっては1年くらい生理なしといわれる
方も来訪されたりします。

そういう方々は、生理そのものを悩みに来訪、というよりは、
ほかの事柄のついでにこんな感じです・・・とお伝えいただく
場合がほとんどです。

こういった場合、ボクはその場はサラッと「そうですか〜happy01
という感じでお聞きします。
ですが、身体に起きる現象はすべて連動している、ということ
から、調整を進めていくなかで生理に良い影響が反映されると
ほかの事柄にも良い影響がいく…ものなのですね。

そうすると、目にも輝きは増し、どこか全身にみずみずしさが
増して感じられるようになってきます。

身体のサイクルがうまく回れば、自然と自分を取り巻く
あらゆるサイクルもそれに伴ってうまく回るようになって
くる、、のですね。。


さて、今日はセルフケア。

生理痛や生理不順といっても、実際のケースはさまざまあり、
たとえば生理前に痛む、終わり間近に痛むなど人により場合
により、というのが現実ですね。


「骨盤」は、主に開閉運動をしていて、生理の始まる際には
開き、それから閉まってくるというメカニズムがあります。

この「開き」「閉じ」に焦点を合わせた体操もたくさんあり
ますけれど、それは適切な「時機」を見定めないと本来の
メリットは味わえないばかりか、かえって逆作用したりと
いうこともあります。

ですので、ここでは特に「いつ」という限定条件のない体操
をひとつご紹介しておきますね。

1、両足を伸ばして仰向けになります。

2、両足を伸ばしたまま左右均等に開けるだけ開きます。

3、そのいっぱいに開いた位置から、かかと幅くらい内側に
  両足とも戻します。

4、両腕を頭方向に伸ばします。
  ちょうどバンザイしたような感じで。
  掌を内側、小指は屋根方向になるように。

5、その状態で、人さし指をピンと伸ばしつつ、両足首を反らし、
  大きく息を吸ってお尻を床から少し浮かせます。

6、息を吐かずに少しそのままの状態を3秒保ち、ストンと
  全身の力を抜いてください。
  息は、自然に「ハッ〜〜」と吐けていることでしょう。

7、1分くらいそのまま深呼吸しておけばOKです。

この体操を1日1回継続するだけでも、生理痛や生理不順ほか、
いろいろな女性特有の不調にメリットがあります。

よければ、試してみてくださいねwink





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

生理痛と生理不順

生理痛や生理不順を改善するための調整技術は、
多くあります。



1か月に1度の生理という身体の浄化プログラム
を健やかに経過することは、女性の心身にとって
とても大事なこと。

スムーズな生理の営みは、それだけで心身のあらゆる
領域にわたるクリアリングになるのです。

均整的なスタンスから生理痛や生理不順を観ると、
そういう悩みをもたれる女性の多くは共通点をもって
いることに気づきます。

それはやはり、「骨盤」の状態。

うつぶせで「骨盤」を調べてみると、だいたい左右
どちらか側の「骨盤」の弾むような弾力が失われ、
周辺の筋肉は硬くなっています。

ほかの多くの女性特有の身体不調と同じように、生理
に関する不調もまた、「骨盤」に反映されます。

実は均整というのは、「生殖器」に関連した調整技術と
いうのは多種多様にあります。
これには創始者自身の趣向(ここではいえない…coldsweats01)も
あるでしょうし、それだけ必要性があったのかもしれ
ませんが、、、相当「濃い」技術のオンパレードnotes

ですので、生理痛や生理不順に関しても、たとえば
卵巣のどちらがどうで、だから「骨盤」はこうなると
いうようなメカニズムから考えられるのです。

もちろんこれは、ほかの内臓器官全体にもいえること
ですけどねhappy01

次回
すぐに役立つセルフケアの方法、お伝えいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)