はじめに

2008年11月 1日 (土)

均整流々

「均整」

この言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべるだろうか?

1996年から今日まで、

「均整」

というメソッドを目当てに来訪された方は数えるほどしか
いない。


まあしかし、
いろいろな意味でそれはもったいないことではある。


「均整」を基礎に、これまでいろいろな手法に出会った。
しかし、「均整」は、それでも優れた手法であることに変わりはない。





「均整流々」とは、流れ流れていく生命の営みと、流れ流れて
いきそうな「均整」というメソッドを、かけてみたものだ。

このまま流れ流されていくのか?
自らの意志で、流れる方向を切り開くのか?

どちらのプログラムを起動するのか?



その判断の時期は…もう来ているのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)