« 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 | トップページ | 2009・11・12 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 その3のご報告 »

2009年10月28日 (水)

顔のマヒ

ボクがかりそめにも「均整師」として一本立ちして、気づけば
もう14年目に入っていましたcoldsweats01

初期の頃、ほかに仕事を持ちつつ、あちこちに出張していた当時
を、最近ふと思い出すことしばしば。

もうすぐ40歳、いわゆる不惑を迎えるからなのか、、
また、何かしらの、新たな展開の前触れからなのか、、


その最初期、
つまり、「均整師」として本当に駆け出し始めたまさに初めての
クライアント(この呼び方は不本意ながら、便宜上)さんとの
お付き合いは、いまだにあります。

その方は、時折思い出したように「空いてれば…」と来訪される
こともあれば、具合の悪い時だけは頻繁にcatfaceおいでになる方。


この夏、その方が患ったのは顔のマヒ。

通常、医学的にはこの症状は早くて1か月、人により1年程度
はかかる、、、と、病院では説明されるそうです。

医学的にこういうと言うことは、、要は自然にまかせるしかない
ということ。

そうであれば、また別角度からのアプローチをする意義も意味も…
ありますよねsmile


けっこうなマヒでした。
けれど、1か月後には、傍目にはかなりの改善度合。
まあ、ご本人、女性ですしまだまだ不満気でしたけれど。


均整的には、「マヒ」というのは虚、つまり身体的に弱化
している状態、、と捉えます。

それは、部分、つまりこの場合は「顔」、もっといえば
脳神経系(三叉神経など)の虚、ともいえますし、さらには
身体全体の虚、ともいえます。

そうすると、どこがどう弱っていて、どういうつながりで
「顔のマヒ」という状態とつながっているのか、、
そういうことを「読む」能力が必要になります。

症状というのは、多くの場合は結果に過ぎないので、それを
引き起こす、身体的な要因を読み解くことができれば、
より深い見地からのアプローチが可能になるからですね。


この方の場合も、「顔のマヒ」から、次々といろいろな症状が
出てきていましたが、これも、身体を全体として捉え、結びつき
を読みとってさえいれば、ほとんどは想定の範囲内。

あわてることもなく、アプローチできます。



その方は今日来訪され、引っ越し祝いといって、ビワの鉢植えを
持参してこられましたpresent

「引っ越し随分前なんだけど…confident」と言いながら、ありがたく
頂きました。

イヤイヤ……

ありがたいことですhappy01









|

« 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 | トップページ | 2009・11・12 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 その3のご報告 »

TAMURATIC」カテゴリの記事

アプローチ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/31976564

この記事へのトラックバック一覧です: 顔のマヒ:

« 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 | トップページ | 2009・11・12 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 その3のご報告 »