« 内臓賦活 | トップページ | 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 »

2009年10月14日 (水)

叩打という技術

「均整」にはいろいろとユニークな技術があり、そのうちの
ひとつに「叩打」という技術があります。

「叩打」…これは、そのままズバリ「叩く」技術です。


というと、「ええ?」と思われる方もいるかもしれませんが、
「均整」では当たり前に存在しています。

まあ、「叩く」というと、ふつう「バチーンpunch」みたいな
イメージがあるのでしょうけれど、まさかそれはありません。

「痛くないように(基本的には)」
「傷がつかないように」
「気持ちのよい感じで」

アプローチするからこそ、技術なんですね。



「叩打」は

○内臓や筋肉を縮めたり弛めたりする

ことに優れています。

これはもちろん、知覚神経や運動神経、自律神経といった
神経系への作用をおよぼすからです。

その技術もいろいろで、眠たくなるような感じで叩いたり、
ハッとするように叩いたり、背骨の左右を叩いたり、速く
叩いたり、ゆっくり叩いたり……。

その目的や、受けている方の状態などに応じて、いろいろに
使い分けることになります。

もっというと、受けている方の身体を貫通するように叩いたり、
体内に蓄積するように叩いたり…もちろん、痛みもなければ
危険もありません。



「叩打」という技術。

身体を整えるために、とても役立つ技術です。。。

|

« 内臓賦活 | トップページ | 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 »

アプローチ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/31784878

この記事へのトラックバック一覧です: 叩打という技術:

« 内臓賦活 | トップページ | 2009・10・15 〈ナチュラルビューティー〉コラボ茶会 ご報告 »