« ホントの言葉 | トップページ | 身体と心の関係 2 »

2009年9月10日 (木)

身体と心の関係

心が身体に与える影響、、という面は、ここ最近で相当
クローズアップされてきた面もあります。

ただ、その表裏概念である、身体から心に与える影響、と
いうものも、確かに存在します。

たとえば、目を使い過ぎれば神経系は疲労する。
ここまでは普通に考えればわかりますね。

では、その目の疲労の影響によって、たとえばイライラしたり、
気分が、一時的にせよ深く沈んだり、、ということもあります。
あまりそれが「目の疲労」の影響と考えることもないとは
思いますが、、実際にそういうこともあります。

身体の状態で、あらぬ不安に襲われることもあれば、
変に意地を張ったり見栄を張ったり、イジワルになったり
することもあるのです。

これは、子供であっても、大人であっても同じです。

身体というのは、そういう意味では表現の場。
「いま」のその人を、端的に映し出します。

たとえば、左肩が上がっている。
それは、胃が緊張しているからなのか、肝臓の緊張の
影響で右側が縮み左が上がって見えるのか、心臓の影響
なのか、またまた首のゆがみなのか、腰のゆがみの影響
なのか……
胃が緊張しているとしたら、それは食べ物の影響なのか
上司からのプレッシャーの反映なのか、家庭事情による
心配からなのか……
子供であれば、学校で何かあったのか、何か隠し事をして
いてそれが胃の緊張として現れたのか……などなど、、。


自己を取り巻くあらゆる環境のなかで、相互に連動し、その
時々の有り様を映し出す心身のメカニズム。

驚きも悲しみも、怒りも憎しみも、そして愛も、、、。
すべては身体を通して実感されるものです。














|

« ホントの言葉 | トップページ | 身体と心の関係 2 »

TAMURATIC」カテゴリの記事

からだのひみつ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/31319536

この記事へのトラックバック一覧です: 身体と心の関係:

« ホントの言葉 | トップページ | 身体と心の関係 2 »