« 背骨が伝えるもの | トップページ | 生理痛と生理不順 その2 »

2009年8月25日 (火)

生理痛と生理不順

生理痛や生理不順を改善するための調整技術は、
多くあります。



1か月に1度の生理という身体の浄化プログラム
を健やかに経過することは、女性の心身にとって
とても大事なこと。

スムーズな生理の営みは、それだけで心身のあらゆる
領域にわたるクリアリングになるのです。

均整的なスタンスから生理痛や生理不順を観ると、
そういう悩みをもたれる女性の多くは共通点をもって
いることに気づきます。

それはやはり、「骨盤」の状態。

うつぶせで「骨盤」を調べてみると、だいたい左右
どちらか側の「骨盤」の弾むような弾力が失われ、
周辺の筋肉は硬くなっています。

ほかの多くの女性特有の身体不調と同じように、生理
に関する不調もまた、「骨盤」に反映されます。

実は均整というのは、「生殖器」に関連した調整技術と
いうのは多種多様にあります。
これには創始者自身の趣向(ここではいえない…coldsweats01)も
あるでしょうし、それだけ必要性があったのかもしれ
ませんが、、、相当「濃い」技術のオンパレードnotes

ですので、生理痛や生理不順に関しても、たとえば
卵巣のどちらがどうで、だから「骨盤」はこうなると
いうようなメカニズムから考えられるのです。

もちろんこれは、ほかの内臓器官全体にもいえること
ですけどねhappy01

次回
すぐに役立つセルフケアの方法、お伝えいたします。

|

« 背骨が伝えるもの | トップページ | 生理痛と生理不順 その2 »

アプローチ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
均整法の生理痛テクニックは即効性がありますよね。
私は効果を実感してもらうために、あえて、生理中に来ていただいたりします。

女性は、ヨコ座り、ヒール、冷え、足組みなどから骨盤の状態が芳しくない方がおおいですよね…。

確かに均整法の生殖器技術は濃いですね(;一_一) 古参のS先生も『これ(生殖器)だけで、2~3日は講義ができる』と以前、おっしゃっていました。

投稿: たなか | 2009年8月26日 (水) 00時13分

たなかさま

いつもコメント、ありがとうございます。
ボクの記事の足らない部分をサポートして
いただいているようで、感謝ですhappy01

そうなんですよね。
このあたりの技術は「濃い」ですし、ある意味
身体の追究の粋を集めた観がありますよね。

たぶん世界でも類を見ないレベルでしょうねぇ……もったいない(≧ヘ≦)

投稿: 田村 | 2009年8月26日 (水) 18時33分

こんばんわ。
日本人は『性』に対して閉鎖的に捉えてるキライがありますからね…(@_@;)
こっち(術者)から、かかる技術がある(出来る)と言っても、信用ならねぇ。とか、そんなことが手で出来るわけない。と思われてしまいがちですよね。

投稿: たなか | 2009年8月27日 (木) 01時01分

たなかさま

コメントありがとうございます。

手技にかかわらず、ですが、やはり手強いのは
常識や先入観、ですねぇ…(ρ_;)

投稿: 田村 | 2009年8月28日 (金) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/31101823

この記事へのトラックバック一覧です: 生理痛と生理不順:

« 背骨が伝えるもの | トップページ | 生理痛と生理不順 その2 »