« 少しだけくわしい『重心』の観察 | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会 ご報告 »

2009年7月13日 (月)

寝違い

均整的にいえば

「痛みあるところねじれあり」

といえる、、かと思います
happy01


痛み、腫れ、むくみ…などなど
身体の

「出る出ない」

には、この「ねじれ」が関わっている、というのが
均整的な調整を重ねていくと実感できます。


たとえば、「寝違い」という身体現象。

ある朝起きたら突然

「首が回らない」

という経験をされた方は多いのではないでしょうか?

実はこの「寝違い」にも、「ねじれ」は関わっていると
均整的にはいえます。
通常は2、3日で放っておいても楽になるもの。
ですがまれに1週間しても変わらない…こともあります。

こういう場合、何らかの要因で腎臓が疲労しています。

ですので、対策としては程度にもよりますが先日も紹介した
「足湯」などは腎臓の疲労を回復するのに役立つので、もし
そういう状態にある場合はお勧めですhappy01


これだけでも自然に回復するのですが、もう少し早く……
と望まれる場合。

だいたいこういう場合は、ある位置に首を動かすと痛みます。
その痛みを覚えた部分を、自分の指先で押さえて、押さえた
まま首をそこを中心に伸ばすようにしてみます。

うまくいけば、これだけでも動かすのは楽になりますよ。
首の「ねじれ」、これでも改善されるのですから。

うまくいけばsmile




お試しあれshine



|

« 少しだけくわしい『重心』の観察 | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会 ご報告 »

からだのひみつ」カテゴリの記事

アプローチ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/30528801

この記事へのトラックバック一覧です: 寝違い:

« 少しだけくわしい『重心』の観察 | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会 ご報告 »