« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

現象の背後にあるもの

先日の記事で

「さまざまな病気を抱え、歩くこともままならない
 ご老人が来訪された」

と書きました。

その1回の調整後、

「元気に外を散歩してます〜〜happy02

とご家族の方からご連絡をいただきました。

色々連れていっても、ニッチもサッチも……
という中での容体の変化に、その喜びもひとしお
という感じで、一安心されたようです。

もちろん、本格的にはこれからなのですが、この

「歩ける」

という事実を、実感とともに認識することの意味は、
非常に大きなものが、、あります。



今回の件に限らずですが、たとえば「歩けない」という
現象があるとすると、通常はその「歩けない」原因を
探ろうとするはずです。

そうすると、たとえば医学的にであれば、さまざまな
角度からの精密な検査をし、その検査でわかった範囲で
何らかの治療を施すというのが通常の流れとなるはずです。

検査により判明した事実。
それは、身体という物質の異常変化を「原因」とすると
いうのが基本的な考え方に基づいた事実。

「歩けない」という現象の原因が、たとえば骨や細胞に
ある場合は、ピンポイントで的確な処置により、劇的
ともいえる回復がなされるのかもしれません。

ただ、そうでない場合。
たとえば「歩けない」という現象の背後にあるものが、
非物質的なエリアである場合は……物質に原因を求める
ことには限界が、あります。




今回のセッション。
確かお話を伺うこと(カウンセリング的)に30分。
身体の調整は、15〜20分程度。

いろいろな病気には目もくれず、ただ筋肉の硬直や
気の流れのつまりを解除していく、というアプローチ。
要するに、ふだんと何も変わりません。

それで、「歩けない」という現象の背後にある何かが
浄化され、心に火が点った、のでしょう。
ボクの予想をはるかに上回るハイスピードで、現象に
変化が起きました。

その背後にあるものに、何かしら特別にアプローチを
したというワケではありません。

むしろその反対で、ほとんど無策で、ただ自然にお話を
伺い、ふだん通りにアプローチをしただけでした。

でもそれで、何をやっても動かない山が動くことも
ある、のです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

老化と肋骨

「均整」の特色のひとつに、世代や要求に合わせた
技術が豊富に用意されている、ということがあります。


たとえば鼻に何かしら不調を抱えているとしましょう。

鼻の不調といってもいろいろですね。
蓄膿、鼻炎、内部腫れたり、鼻水がつまったり……。

そういう「状態」で判断していく場合がひとつには
あります。

ただ、そういう「状態」で判断していくことと別に、
たとえばまだ成長段階にある子どもであれば、その
成長過程におけるひとつの身体表現としての不調、
という見方もできないワケではありませんね。

そうすると、成人とされる年代とそうでない年代では、
必然的に同じ不調であってもその「中身」には違いが
あることになります。

もちろん、その「中身」はもっと突き詰めれば人それぞれ
なのですが、世代で共通する因子というものを大きなワク
でとらえてみることもできるのです。


さて、その「世代で共通する因子」ということで、
たとえば身体が老いていく、という場合に共通する
因子は何か?

それも多々ありますが、大きな因子のひとつに「均整」
では「肋骨」を挙げています。


「身体が老化すると肋骨が水平になってくる。
 前から見ると肋骨は下がっているのであるが、年を
 とってくると水平になってくる。
 普通肋骨の状態からみれば、年をとったということは
 呼吸が浅くなったといえるのである。
 だから、肋骨を本来の姿に挙げて戻すような運動を
 やれば老化は防げる。

 老人の体力づくりは肋骨を挙げるようなことをやれば
 体力づくりができることになる。
 年をとると肋骨が水平になり、そうすると歩くときの
 歩幅が狭くなる。
 歩くのに足が出なくなる。
 しかし歩く稽古をしても無駄で、年寄りの冷や水になる。
 肋骨を引き上げるような運動をやった方がよい。」

(東京均整学院・均整指導教室『呼吸器(肋骨)調整』より)


昨日、さまざまな病気を抱え、歩くこともままならない
ご老人の方に来訪いただきました。

その方はお若い頃柔道や剣道を相当やり込まれたそうで、
それをうかがわせるように肋骨はまだまだ強健。

「近所くらいまともに歩けるようになりたい」ということ
でしたが、上記のような均整的所見からいえば、その
土台(肋骨)はしっかりしていることになりますから、、
しっかり調整でサポートできれば、と思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

骨格均整の基礎理論

昭和39年…というから、1964年、つまり今から45年前に
行われた、身体均整法創始者、故・亀井進師範による

「骨格均整の基礎理論」

という講義が、口述筆記のカタチで残されていますup

脊椎(背骨)の正常彎曲の位置などから始まり、次第に
骨格を均整にしていくうえで重要な脊椎骨の解説へと
話は進みます。

たとえば

「尾骨(いわゆる尾てい骨)は一名(ひとつの名称として)
 笑骨といって、強打すると笑いながら死んでしまう
 というようなことがある。
 犬でも負けた時はしっぽを内側に巻き込んで逃げて
 ゆくが、威勢のいい時は上へあげている。
 脳で参ったということになると尾骨は巻き込んで
 くるという骨の生理がある」

とあります。

ボクの経験からいっても「尾骨の巻き込み」という現象
は実際にあって、上記にあるように脳的に参ったshock
いうような状況にある方、精神的に疲労の激しい方など
の尾骨を調べると、本当に巻き込んでいたりします。

逆にいえば「精神的に参ってしまって……」と口では
いっていても尾骨が上へピンとなっていたら……
それは本当は全然参っていないことになる、ということ
でもありますcatface

また、尾骨に関連して小児まひについても言及されていて、
脳性であれば尾骨は肛門の方へ曲がっていて、脳が良く
なってくると尾骨も伸びてくる……とも。


また、たとえば

「猪首になると暴力に訴える」

という口述。

その理由は

「猪首になって頚が動かなくなると、どこでカバーする
 かというと手が早かったり足が動いてみたりして
 自分を守ろうとする」

からだそうです。

この傾向を調整するには、頚のある場所を整える。
そうすると頚も細くなるなど……。。


骨格均整……といいながら、話は色々な方向へ飛んで
いくこの口述記録。。

いま読んでも面白いですwink


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

夏祭り

今日、セッションスペースの周辺が何やら賑やかup
太鼓の音やマイクで話す声、子供たちの楽しそうな
ピカピカした声shineが聞こえています。

何となくアタマにはあったけれど
今日になって「あっflair」と気づいた。

いまボクのセッションスペースのあるこの通りは
毎年この時期の土日に

「たまプラーザ夏祭り」

というのを開催しています。

もう10年以上この周辺にいるのだけれど、実は
このお祭りを目にするのは今回が初めてかもしれません。

ジャグリング、中国雑技団などなど、けっこうな
盛り上がりを呈していますね〜〜happy01

フリーマーケットもけっこう出てました。

Ml_hi3d0093


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

『手技整形学』

『手技整形学』という本があります。

初版は……と見ると1958年。
もう半世紀以上前に出版された本ですcoldsweats02

しかし、著者曰く

「もとより本書は、血のにじみでるような永年の研究に
 最新の学説をミックスして体系を整えたもので
 『一読して病巣の所在を探り、再読して治療の要諦を
  会得し、精読によって前人未到の境地を開拓する』
 ことを念願して執筆したもの」

という本書は、時代を超えていまも売れ続けていますup

この著者の方は、仙台のある鍼灸柔整学校の創立者の方。
昭和23年に全国初の厚生大臣認定校というから、相当に
理論と実践の両面で優れていたことが伺えますね。


手技療法の歴史的背景や定義、構造といったことから、
身体各部の調整理論までギッシリつまっていて、
現在専門家である方からそれを志す方、そしてそのスジの
マニアな方まで、幅広く、いろいろな読み方のできる本、

といえるでしょう。

ボクも、「均整」を学び始めてしばらくしてからこの本と
出会い、現在でもその時々で参考にさせていただいています。

で、

せっかく紹介したからにはいろいろと書きたいところでも
ありますが、、、
今回は「均整」について書かれたこの部分を抜粋しますwink

「かくて手技医療を理論的、科学的たらしめようとの動きは
 全国を圧し、心ある人々は生命に対する科学を手技医療
 たらしめようと叫び、その分析、解明による生命認識の
 他に、総合的、全体的、生命認識も科学である所以を説いたが、
 世の大勢を動かすことはできず、米国流理論によらない昔から
 の手技医療はその圧迫を受けて次第に影を潜めつつあった。

 日一日、数の少なくなる東洋の手技の中には極めて優秀なもの
 があったが、大正以来の米国流に押されて姿を消しつつあった
 のは、その技術が劣っていたのでは決してなかった。

 高橋氏の正体術を始めとし、野中操法、柴田観趾法、宮廻操法、
 永松操法などが、最後まで東洋的手技としての形を保ったもの
 であった。

 しかして第二次大戦以後、今日においてもなお、我国独特の
 優秀な技術と卓越した理論で手技医療の真価を発揮している
 ものに亀井進氏の身体均整法、柴田和通氏の手足根本療法、
 野口晴哉氏の整体操法、奥山竜峰氏の皇法指圧治法学などが
 ある。」(3〜4ページ)

Ml_hi3d0091

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

できゆく様子

来年まで続く
「たまプラーザ駅再開発」工事。

いまのセッションスペースから駅改札へ向かうと
その正面には現在、某有名豚骨ラーメンチェーンの
名前(○風堂)がドーンと見える。

また改札前から正面を見ると某大手コーヒーチェーン
(○タバ)の有名なロゴマークも見えるようになった。

この先も、こうやってどんどん開店する店のロゴや
看板などがオープンな形になっていくのだろう。


それがいいとか悪いとかではなく

どこにいっても見れる店
どこにいっても味わえる味
どこにいっても飲めるドリンク

いまという時は、そういうひとつの枠組みで
「街」というシステムを形成していくのだろう。

まあ、それはそれだ、、ねsmile

どうなっていくのか、楽しみですshine

 
Hi3d0089 Hi3d0088_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

ネコ

最近、非常に暑くなってきましたねcoldsweats01
夏らしい夏、といった感じになってきましたsun

ただ、少し寂しかったのは……

いまのセッションスペースの前は駐車場になって
いるのですが、そこにこの間までは、おそらく
ココに長い間いるのであろう、ネコさんたちcat
よく出没していました。

たださすがに炎天下の中、ネコさんたちは来ません。
快適ではないですからね。。

それが今日
ココは曇りcloudなのですが、、、、いましたねhappy02

早速少し遊んでもらって

写真撮影

Hi3d0087









人なつっこい、仲の良いネコさんたちですcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会 ご報告

暑さも本格化していくこの時期。

「暑い→汗」という単純なところから発想した今回の

「均整で身も心も頭もスッキリ」

というコラボ茶会。

最初はそのまま「汗」をメインテーマに実施するつもりが…
なぜかテキストを作っていると「感情」がメインにcoldsweats01

まあ、こういうことはよくあることで…。
実際講習会始まるまで、どういう流れでどうなるなどは
ほとんど決めずに……実はやってますcoldsweats02

あらかじめ決められた予定調和なものも美しいけれど、
その場その時その瞬間の流れみたいなものを大事にして
いくと、、思わぬサプライズに遭遇したり、します。。


今回「胸椎6番」という、背骨のひとつをテーマに。

均整では、背骨のひとつひとつに詳細な役割をもたせています。
それは内臓との関連の場合もあれば、筋肉との関連のことも
あります。

均整では実はマインドの関わりはあまり説かれていませんが、
断片的に残された資料や、いろいろな書物などからヒントを
得て、それを自分なりに積み重ねていくことで観えてくる
ことというのが……あります。

今回も、そうした集積のひとつ。

参加者の皆様には楽しんで頂けたようで、何よりです。

体操は、よく注意を守って行ってくださいねbleah

61a18b8245b33e9d3db9c3835804d417





また、今回もお忙しいなかさまざまなお気遣いいただき
ましたサロン主宰・クロノさん、本当にありがとう
ございます。

今回の様子は、じゅんこさんのブログannaさんのブログ
にもご紹介いただいています。

また、annaさんは最初からずっと御参加いただいている方
でしたが、今回都合で遠方へ。
また御縁頂けることでしょう。
その際には、宜しくお願いいたします。。。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

寝違い

均整的にいえば

「痛みあるところねじれあり」

といえる、、かと思います
happy01


痛み、腫れ、むくみ…などなど
身体の

「出る出ない」

には、この「ねじれ」が関わっている、というのが
均整的な調整を重ねていくと実感できます。


たとえば、「寝違い」という身体現象。

ある朝起きたら突然

「首が回らない」

という経験をされた方は多いのではないでしょうか?

実はこの「寝違い」にも、「ねじれ」は関わっていると
均整的にはいえます。
通常は2、3日で放っておいても楽になるもの。
ですがまれに1週間しても変わらない…こともあります。

こういう場合、何らかの要因で腎臓が疲労しています。

ですので、対策としては程度にもよりますが先日も紹介した
「足湯」などは腎臓の疲労を回復するのに役立つので、もし
そういう状態にある場合はお勧めですhappy01


これだけでも自然に回復するのですが、もう少し早く……
と望まれる場合。

だいたいこういう場合は、ある位置に首を動かすと痛みます。
その痛みを覚えた部分を、自分の指先で押さえて、押さえた
まま首をそこを中心に伸ばすようにしてみます。

うまくいけば、これだけでも動かすのは楽になりますよ。
首の「ねじれ」、これでも改善されるのですから。

うまくいけばsmile




お試しあれshine



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

少しだけくわしい『重心』の観察

今週は『重心』シリーズになってますがsmile
今日で一応はシメますね。


実際の身体調整の場面では、ここまで紹介したような
おおまかな判別ではなく、緻密に、こまかく観ていきます。

たとえば、あおむけに横になっていただきます。
その時、重さでは右足が重いとしましょう。
ふつうは、これでいいのです。

ただ、より精緻に身体を調整しようとする場合、
たとえば、足の甲の太さなど観たりします。

もっといえば、ふくらはぎ、太もも、
運動検査、つまり筋肉や関節の能力を調べることも
行います。

そうすると、筋肉的には緊張している脚だけれども
そっちは軽く、筋肉的にはゆるんでいる側の方が重く
なっていたり、します。

そうすると、その因果関係をさらにくわしく観察して
いく……ことになるんですね。

部分と全体
外側と内側
脳と骨盤
身体と心、精神など……

連鎖する関係性を解明しつつ、その答えを身体に求めていく…

『重心』というのは、そういう足がかりになるファクターと
いえなくもないですねhappy01




まあ、こういうと難しくなってしまうのですがcoldsweats01

「均整」というのは、『重心』と『重心傾斜』のメソッド。
その偏りを、あのテこのテで解消していくメソッド。

そういう感じで、とらえていただければ良いかな、、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

『重心』をニュートラルにするひとつの方法

均整的には『重心』といったら

「重くなっているところ」

となります。

ただこの「重くなっている」というのが実は微妙で
本当にくわしく調べることが必要な場合も、、多々
あります。

とはいえ、ごくカンタンな方法で『重心』の偏りから
くるいろいろな不都合が改善されたら、、

いいですよねsmile


基本的に「均整」というのは『運動系』、つまり
筋肉系や骨格系などの“ゆがみ”を対象として
それをコンディショニングしていくことをメイン
としています。

なので、「自分でできる」方法も、その“ゆがみ”
を整えるという方向性で構成されているものが多い
のです。

それは、うまく行えれば値千金のメリットを享受
できるものでもありますが、それにはターゲット、
つまり「狙い」を正確に、そしてその「狙い」を
明確に判別してきっちり刺激を与える能力という
ものが必要とされます。

そのテの本も「均整」という文字があるなしに
関わらずいろいろ出てますけれど……やっぱり
ホントのメリットはキチンとした指導がいるかな
という感じは…個人的にはしていますcoldsweats01


なので、ここでは目先を変えて……
いまでは割とメジャーになった、誰でも自宅で
気軽に手軽にできる方法で、「身体の内側」から
『重心』をニュートラルにしていく方法をshine



その方法とは……

「温浴」

そうお湯を使っての方法です。

「ええ?それって全然均整じゃない!」
みたいな方もおられるかもしれませんが、
ボクの最初の先生曰く

「均整は原理原則を守れば、何でもあり」

なのでsmile、ボクは方法に固執しないのです。



では、いきます。


あらかじめ、足の重さをはかっておきます。

お風呂などで、洗面器あるいは湯船でも何でも
かまいませんので、お湯をためます。
今回は、ご自分の足首のくるぶしくらいまで。
温度は、ちょっと熱いけれど十分浸けられる程度。

まずは両足をつけ5分~7分。

その後、足の重い方だけ、さらに2~3分。

終了後はよく拭いておきます。

この後、両足首、特に重い側を重点的に廻しておきます。


これだけ、です。


まあ、いわゆる「足湯」ですけど、視点を少し変えると
こういう用い方もできる、ということです。

体操などほど鮮やかに変化する感覚はありませんが、
身体内部ではヒッソリ、でも確実に『重心』を整える
作用というのは、起こっています。

1日1回、継続して行ってみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

右側が重い身体

7月に入って初の更新note

実はしばらくログイン不可能となっていてcrying
本日ようやく中に入れました。。。

今日から、また再開ですhappy01


さて、
「均整」でよく使う言葉のひとつに

『重心』

という言葉があります。

均整的なこの言葉の意味をザックリいってしまえば、

「重くなっているところ」

という意味を、指し示します。


この「重くなっているところ」を判別する。

それが、ある意味では「均整」の第一歩といっても
あながち言い過ぎではありません。


たとえば、仰向けになって脚をまっすぐ伸ばします。
そして、脚を片方づつ、ヒザを曲げないようにして
上げてみます。

その時、どちらかが重く、どちらかは軽く感じること
は、別段不思議なことではなく、けっこう普通にある
ことです。

この時、はっきりと重く感じる側がある。
それならば、その側が仰向けの場合『重心側』になって
いるということになります(均整的に)。

『重心側』というのは、「重くなっている側」。
重くなっている、それはすなわち血液などの体液の流れを
停滞させる筋肉の緊張が強い側、ということになります。


実際のセッションではもっとこまかく観ていきますけれど、
多くは右側が重く硬く、左側が力に欠けてしまっています。

右側が重い。
右側というのは、臓器でいえば「肝臓」があります。

コリや痛みの強い方というのは、「肝臓」周辺の筋肉
組織は縮んで硬くなっていることが多くあります。

「肝臓」異状というとほとんどの方は「お酒bottle」という
発想をされますがcoldsweats01、実は「肝臓」は多種多様な働きを
する身体の工場ともいわれる重要な臓器です。

また、「眼eye」とも深く関わり、「眼」に何らかの不調を
感じるのであれば、「肝臓」の働きにも目をむける必要が
あります。

また、「眼」そのものの異状から「肝臓」を傷めるなんて
こともあるでしょう。。。

右足裏に硬さを感じる
右足が太く感じる
右肩がコル

こういった時は、まず「右側が重くなっているな」と思って
みてください。

この重さを解消し、『重心』をニュートラルにする自分で
できる方法は……いろいろあります。


近日、ご紹介いたします、、、ね。。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »