« こんな感じで… | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会のお知らせ »

2009年6月23日 (火)

「むくみ」の均整的セルフケア

「足がむくんでます〜〜weep

というレスキュー要求がこのところ多くあります。

ですので今日は、「均整的」な視点からの「むくみ」の
セルフケアをお伝えしようかと思います。



「均整的」という場合、実は「むくみ」という現象そのもの
を、あまり重要視はしません。

……というと「ええwobbly」みたいな反応されるかもしれませんが、
そうなんです。。

「均整的」という場合、起きている現象(この場合「むくみ」)を
どうこうしようとするのでなく、その背後で起きている現象を
ターゲットにします。


それが「ゆがみ」、ですね。


筋肉や骨格のゆがみが、どのような関連性で起きていて「むくみ」
という結果を呼んでいるのか、、、

そういう目のつけ方を、します。

そして、その「ゆがみ」が解消されれば、必然的に「むくみ」も
解消される、、

だって、身体はむくむ必要があってむくんでいるのですから、その
必要がなくなれば、、、そういう意味で必然的smile



ですので、本来からすれば、個々それぞれで「むくみ」の
起きている身体的なメカニズムはちがうはずなのです。

ただ、そうであっても、やはり目の前にある「むくみ」と
いう現象に不安を抱えてしまうもの。

その不安を解消する、「体操」をここではご紹介いたします。

この「体操」は、“背骨”をターゲットにします。

「むくみ」で多く関わる身体の「ゆがみ」は“ねじれ”。
その“ねじれ”のコアとなっているのが、腰椎3番という
腰の中心にある骨です。

ここでは、実践しやすくコンパクトにしてお伝えしますね。


1、まず仰向けになります。
2、脚を肩幅に開いて、脚を伸ばしたまま片脚づつ床から
  浮かしてみます。
3、重い、上げにくいなど感じる側を「重心側」とします。
4、「重心側」でない方の脚を大きく開いて
5、「重心側」の脚を上げてまっすぐ伸ばし、両手でその
  脚のひざ裏を持ちます。
6、そのひざ裏に胸を近付けるように上体を持ち上げ、
  大きく息を吸ってしばらく止めます。
7、やや息苦しさを感じたら「フッ」という感じで力を抜き、
  脚をゆっくり降ろします。
8、そのまましばらく呼吸をおちつけます。

手順としては以上です。

これを1日1回だけ、行います。

注意点としては、ひざに胸を近付ける時にひざを曲げないこと。
あとは、その際にムリをしないこと。

最低1週間くらいは継続してみてください。


こういった体操のバリエーションが「均整」には豊富にあります。
もし実践してみて何かクエスチョンが出ましたら、ご連絡くださいhappy01

|

« こんな感じで… | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会のお知らせ »

からだのひみつ」カテゴリの記事

アプローチ」カテゴリの記事

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

むくみね・・・最近気になってるのですwobbly

ミュールのストラップの後がくっきり残ってしまったりして

なるほどですlovely

投稿: ふじこ | 2009年6月23日 (火) 22時15分

ふじこさま

コメント感謝ですhappy01

全体的に「ねじれ」が解消されるだけで
体内液の流れは改善されます。

よければやってみてくださいねwink

投稿: 田村 | 2009年6月24日 (水) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/30241760

この記事へのトラックバック一覧です: 「むくみ」の均整的セルフケア:

« こんな感じで… | トップページ | 2009・7・14 「均整で身も心も頭もスッキリ!」コラボ茶会のお知らせ »