« 2009・6・11 「均整ミニ講座」コラボ茶会のご報告 | トップページ | 傾斜圧の分類 »

2009年6月17日 (水)

恥骨の秘密

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

移転してから、チョボチョボとしか記事を入れてきません
でしたけれど、今日から、またしばらくの間週に3回くらい
は記事を更新していこうかと、思います。


このブログ」は、基本的に「均整」という日本の手技療術の
知られざる見方や考え方を紹介していくブログです。

「ええ、こんな変化もするの〜note
「ええ、こういうこともあるんだ〜note

というような感じで、観覧いただければ。

時折は、すぐできる健康法のような記事も、アップしたり、
時折は、やや難しかったり、しますけど、、ね。。。


さて、今日は「恥骨」。

意外と知られていませんけれど、実は「恥骨」は「骨盤」
のなかの一部位の名称。
いわゆる生殖器と位置的に近いため、どこか言葉にするのを
はばかられるような雰囲気もありますけれど…ボクはふつうに
「恥骨」で調整、やっちゃいますcatface

実はこの「恥骨」。
身体の調整を図るうえで、非常に多種多様な作用をもたらす部位。
この「恥骨」だけでも、相当全身を調整できるのです。

「均整」では、たとえば「アゴ」とカタチなどが似ているところ
から相関関係を見出し、「アゴ」の不調を「恥骨」で、あるいは
その反対に「恥骨」を「アゴ」で調整したり、します。
(この間のコラボ茶会においで頂きました方は、相関関係、体験
されましたよねwink)

また、肩甲骨や頭がい骨とも、深く相関関係があります。

「恥骨」の中央(結合部)、その少し脇、またその脇………と、
それぞれにまた意味があって、たとえば唇を引き締めたり、
唇のゆがみを整えたり、といったことも。。

そういう意味では、美容面での急処、ともいえますね。



もちろんそれだけでなく健康面でも。

「恥骨」が本当にいいポジションにあって、弾力もあって、
ふくよか〜な感じであれば、人は基本的には健康なのです。








|

« 2009・6・11 「均整ミニ講座」コラボ茶会のご報告 | トップページ | 傾斜圧の分類 »

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

やっちゃうんですね~happy02

の前にbleah

田村先生のブログ記事、面白いですgood
「ええ、こんなこともやるの〜note
「ええ、こういうことも識ってるんだ〜note
という感じで毎回拝読しておりますcatface

余りに深い相関関係coldsweats01
なかなかに体験は出来ても理解はtyphoon・・・

それでもその一端を垣間見れる楽しさをいつもありがとうございますscissors

また次なるワザを楽しみにしておりますclover

投稿: 一二三 | 2009年6月18日 (木) 07時37分

一二三さま

コメントありがとうございますhappy02

やはり身体、というか生命あるもののシステムみたいなものは深いですねcoldsweats02

また、よろしくお願いいたしますshine

投稿: 田村 | 2009年6月18日 (木) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/30147584

この記事へのトラックバック一覧です: 恥骨の秘密:

« 2009・6・11 「均整ミニ講座」コラボ茶会のご報告 | トップページ | 傾斜圧の分類 »