« 刻まれた、気づかれぬダメージ | トップページ | 知られざる〈眼〉の秘密 »

2009年3月23日 (月)

「地に足を着ける」あるひとつの方法

時たま、地から足が浮いてしまっている方をお見かけ
することがあります。


たとえば、気持ちばかり急いて、行動がチグハグになって
しまい、しなくてもいいミスをしたり。

たとえば、自分の中に抱えてしまっている不安や心配に
飲み込まれ、苦しみにあえいでしまったり。

たとえば、目の前にあるオイシイ話に高揚し、そこに
あるリスクに気持ちがいかなくなってしまっていたり。


たとえば、柔道などは地面から足が浮いた状態になって
しまったらもう終わりです。
あとは、投げられるしか、ありません。

勝ち負けでいえば、その時点ですでに勝負は着いている
といってもいいでしょう。

何をするにしても、基本は、まずしっかりと大地に足を
着けること。

そういう習慣をつけていくことで、いらぬミスやネガティブ
な思考に巻きこまれてしまうことなどは、自然に減っていく
ことになります。

さて、その習慣をつけるカンタンな方法。

1、まず、肩幅くらいに足を開いて立ちます。

2、目をつぶり、自分の「足裏」を意識します。

3、「足裏から伝わってくる感覚」を意識します。

4、「足裏」のドコで地を踏んでいるか、どちらの「足裏」に
  より体重がかかっているか、などを細かくチェックしてみます。

5、「足裏」の踏んでいるポイントを均等にしたり、身体の中心に
  自分の意識がくるようにしたり……試みてください。

6、ある程度落ち着いたら、ゆっくり目を開きます。
  そして、静かに深呼吸して終了。

もし、気持ちが宙に浮くクセがあるなと思っているのでしたら、この
1、〜6、の流れを試みてみてください。

チグハグなミスを連発する時は、気持ちもチグハグです。

気持ちの揺らぎは、更なるネガティブ思考を誘います。

浮き上がっていては、その次の瞬間、背中が地に着いてしまいます。



まずは「地に足を着ける」、クセをつけてみましょう。
いまよりずっと、身体も心も楽になるはず……ですよ。

|

« 刻まれた、気づかれぬダメージ | トップページ | 知られざる〈眼〉の秘密 »

アプローチ」カテゴリの記事

コメント

タムラ先生、ワタシを見かけましたか?coldsweats02
そして時たまですか?coldsweats01
しょっちゅうな気がsweat02それは気のせいにしておきますbearing
そして早速やってみますflair

投稿: 一二三 | 2009年3月23日 (月) 22時58分

きゃぁっ!わたくしの事ぉ~!!って感じです~~
早速日課を増やします♪

投稿: anna | 2009年3月24日 (火) 06時03分

一二三さま

早速、やってみられてくださいwink

投稿: 田村 | 2009年3月24日 (火) 12時57分

annaさま

いつでもドコでも、実行可能ですhappy01
役立ててください。

投稿: 田村 | 2009年3月24日 (火) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/28766860

この記事へのトラックバック一覧です: 「地に足を着ける」あるひとつの方法:

« 刻まれた、気づかれぬダメージ | トップページ | 知られざる〈眼〉の秘密 »