« 2008・12・18 〈カラダとココロのリセット茶会〉 | トップページ | 身体調整 »

2008年12月19日 (金)

「なりたい」と「なる」

人生には、「出会い」が、ある。

その「出会い」は、

人との、場合もあれば……
場所との、場合もあれば……
物との、場合もあれば……
仕事との、場合もあれば……

種々さまざまな、「出会い」が、ある。


「書物」。

ある書物の、ある一行で人生に目覚める。
その一行から喚起される、豊かなイメージ。

そのイメージが、時に絶望に打ち震えるばかりの
心に、かすかな、それでいて力強い灯火を、ともす。


幼き頃、何者にも頼れないかのごとき絶望。
それを優しく癒してくれたのは、「書物」だった。


その「書物」にも、いろいろある。

分野でいえば、自然科学、小説、文庫、新書、歴史…
などなど。

そういうなか、いまだ虐げられて久しい分野に「コミック」、
つまり俗にいう「マンガ」が、ある。

「マンガは、想像力を奪う」
「考えなくなる」

など、いまだによく聞くけれど……。

よくよく考えれば、いや、読んでいる時の自分を観察して
みれば、おのずと答えは出るだろう。


たとえば、「願望達成」。

「〜になりたい」…これは、「希望」の表明。

「〜になる!」と言い切る。
それも、迷いも遠慮も微塵もなく。

これは、「決意」であり、「覚悟」の表明。


つい先日で52巻目を数える「マンガ」がある。

その「マンガ」は、連載初回から、主人公が一貫して
変わらぬ「決意」と「覚悟」を表明し続けている。

その作品名を『ONE PIECE』という。

「不退転の決意」と、さも悲壮な顔をして述べる。
その時点で、本気であるかないか、わかる。

『ONE PIECE』には、その「本気」が、随所にある。



「ただのマンガ」
「しょせんマンガ」

この視点は、そのまま「人」への視点とも、通じるだろう。

少なくとも、相手を知らずに侮るような愚を犯したくは

………ない。



Ml_hi3d0031






|

« 2008・12・18 〈カラダとココロのリセット茶会〉 | トップページ | 身体調整 »

からだのひみつ」カテゴリの記事

コメント

「ワンピ」私も大好きです!heart02
どれだけこの作品に,
自分が今まで目をそむけ、蓋をしていた感情を
日の当るところに引っ張り出してもらったか!!

そういえば少年マンガの主人公は
「海賊王におれはなる!!!!」とか
もう決意しまくっていますね。punch

少年読書がその決意を持った主人公と共に、
実現への旅をすることは、
その後の少年の人生にどれだけのパワーを
与えてくれることか!

……いや、大きなお友達にとってもですが、
私を含めてcoldsweats01

投稿: 小豆 | 2008年12月20日 (土) 11時30分

決意ということでいえば、少年マンガほど
本当に決意した人の有り様を表現している
ものはないような気がしています。

そう、人は決意した際に悲壮な顔などしない。
だって、決意しているのだからhappy01

いつも、ありがとうございます。

投稿: 田村 | 2008年12月20日 (土) 16時09分

このタイミングで、
ワンピースで語って頂けただけで、
私にはびっくりプレゼントpresenthappy01

つい最近もお二人の巨匠(共にK先生だわflair)に
Try not.
Do or do not. 
とご指摘されたばかりsweat01

ありがとうございますnote 

投稿: よしよし | 2008年12月20日 (土) 22時04分

よしよし様

ほかにも色々魅力あるマンガですが、
ここは外せないところcatface


コメント、ありがとうございます。

投稿: 田村 | 2008年12月22日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/26313438

この記事へのトラックバック一覧です: 「なりたい」と「なる」:

« 2008・12・18 〈カラダとココロのリセット茶会〉 | トップページ | 身体調整 »