« 探求 | トップページ | 波動とは? »

2008年12月 2日 (火)

十二種体型

「均整」には、基盤といえる体系が2つある。

「均整」が組織としてどのように分裂を繰り返そうと
これがなくてはもはや「均整」ではない、という代物。

それが、「三原則」と、ここで紹介する「十二種体型」である。


背骨を基点に人間の身体をとらえた場合、基礎となる「運動」は
3つしかない。

「前後」「左右」「回旋」

という3つであり、そのほかどのように複雑に動こうとも、結果
これらの組み合わせでしか、ない。

このうち

「前後」に特徴のあるタイプは、頭脳にエネルギーが集まりやすい
傾向がある。

「左右」に特徴があるタイプは、消化器。
「回旋」に特徴があるタイプは、泌尿器。

にそれぞれ、特徴がある。

これらにそれぞれ陰陽があり、ここまでで6タイプとなる。


また、背骨を基点とした動きではなく、

「肋骨」「骨盤」「筋肉」

という、「カタチ」をメインに判断するタイプが
それぞれ陰陽あって6タイプ。

前半の「動き」主体タイプが6分類。
後半の「カタチ」主体タイプが6分類

これで、12種類の体型パターン。



感受性の傾向から判断する、「整体」の体癖と酷似して
いることからよく揶揄されるが、それは当たり前。
同時代に育まれ、ある時期まで交流があったのは事実なの
だから。

どっちが正しい。
どっちが正当。
どっちが優れている。

そういう不毛な論議は批評家にまかせて、実践者である僕は
ただ、これらの叡智を深め、縁ある方々に享受していくのみ。


来年以降、何らかの形でこの叡智を普及していければ、と
考えては、いる。






|

« 探求 | トップページ | 波動とは? »

身体均整法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/25840469

この記事へのトラックバック一覧です: 十二種体型:

« 探求 | トップページ | 波動とは? »