« 2008年 1 | トップページ | 相関関係 »

2008年12月23日 (火)

情報を削る

「勉強熱心」。

一見するといいことばかりのようだが、意外に
裏目に出てしまうことだって、ある。

それが傍目には裏目に見えないのは、そういう
人は総じて、

「努力するのは、苦しいこと」

という信念をもっていることが多いから、その
苦しさや大変さを当然のことと受けとめていて、
たとえ裏目に出ていてもそうは見えないという
カラクリになっている、のだろう。

かくいう僕も、ついこないだまでは間違いなく
そういう信念をもつ一人であった。
そして、こう書いているいまも、まだその路線
の名残りを完全に払拭できてはいない。


つい先日も、自分を変えていこうと、相当に
努力されてきている、ある男性が来訪された。

その男性は、「考える」ことを知っているので、
少しのヒントをじっくりと考え、咀嚼吟味して
その本質をつかんでいくタイプ。

この時来訪された時も、すでに前回お会いした
時点より気がスッキリとしていた。

ただ、その反動、という言い方は適切ではないが、
いわゆる「好転反応」のような、いい知れぬ不安や
体調の低下状態に、この時あった。

そのあたりはご本人も自覚されていて、変動期にある
自分を冷静に観ることもできていた。


そうしたお話を伺うなか、ポツリと

「あと、この首のつまった感じがキツい……」

ということを口にされたので、僕はすかさず

「ああ、それはもう……何かで窮屈な思い、
 してるんじゃありませんか?」
「たとえば、『〜ねばならない』みたいな
 追い込み主義的な考えとか…」

と申し上げたところ、その男性は

「……そうですね」
「そういうので、しんどくなっている感覚が 
 実感されます」

と、納得されていた。

「いまはいわゆる煽り系は流行っていて、ともかく
 これを身につけよう、これを習得しようみたいな
 流れになってますけど、それももう終焉気味かな
 みたいに僕は感じてます」
「何かに煽られ、そうでないと取り残されるような
 気風に触発されるでなく、まずはいらない情報を
 削っていく、そういう時代かも、ですよ」

……などと、立場上恐縮ながら、述べさせていただいた。

いまは黙っていても、パソコン、携帯など情報収集する
ツールには事欠かない時代。

いつしか人は、そこに流れる何かの波に飲み込まれ、
いまいる位置すら見失う。

その見失っていることすら、普通は気づくことは難しい。


その男性は、もうすでに準備ができていた。
あとは認識し、解放へと向かうだけだった。

解放は、表面的には大変なことがある。

でも、波はいつまでも高波ではいられない。
すぐに、おだやかな優しい波に、出会うことになる。

その時、さらにスッキリとした気に、出会えることだろう。


そしてその時、おそらくこう思っているだろう。

「努力するって、楽しいこと」

と。




|

« 2008年 1 | トップページ | 相関関係 »

アプローチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/26433601

この記事へのトラックバック一覧です: 情報を削る:

« 2008年 1 | トップページ | 相関関係 »