« 何年ぶりかの… | トップページ | たったひとつの言葉 »

2008年12月 6日 (土)

おおいなる、ヒント

海外から逆輸入され、一時期ブームとなったヒーリングや、
人間の電磁気的特性を活かしたヒーリングなど、数種類の
ヒーリングテクニックはすでに習得していた。

だから、当然ながら「触れる」ことにこだわらなくても、
ある一定の調整の成果はおのずと現れる。

ただ、「何か」が欠けている………。


その当時、その「何か」が僕のなかに混迷を呼んでいた。


キネシオロジーを学んでいる「均整」の後輩が、独特の手法
で大変な成果を誇っているある鍼灸師の処で勉強していた。

その手法も以前から知ってはいた。
しかし、そこまで興味も関心ももてずにいたのだけれど、
後輩も相応の成果を出しているとのこと。

それならば体験させてほしいと懇願し、調整を受けた。



「ああ、なるほど〜」


脳・脊髄を微細な刺激で調整するというその手法は、
ある意味「勝手に」背骨が変化しているように感じる。


「刺激」というのは、ギュッと強く押すから生体への影響
も強い、というものでは、ない。

外的な部分、筋肉といういわば「鎧」には影響大に感じる
かもしれないが、内的(脳など)にはかえってマイナスな影
響だけが残る場合も、ある。

微細で、感じられないほど弱い。
こういう刺激ほど、抵抗も少なく深部へ影響する。



ある意味、期待はあたっていた。
おおいなるヒント、のひとつに出会えた瞬間だった。









|

« 何年ぶりかの… | トップページ | たったひとつの言葉 »

TAMURATIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/25967119

この記事へのトラックバック一覧です: おおいなる、ヒント:

« 何年ぶりかの… | トップページ | たったひとつの言葉 »