« 波動とは? | トップページ | 転換 »

2008年12月 4日 (木)

骨までしゃぶるがごとく

僕がアプローチ(技術)の面で影響を受けたのは、
2番目に習った先生だった。

あれは26〜7歳の時。
ある武術(?)の講習会で初めて会った時のこと。

「誰に習ったの?」
「○○先生です」
「○○先生、あの先生は……」

という感じで、その手法の特長を語り、モノマネまで披露
するという、外見も手伝って風変わりな印象だった。

まさかこの先生に足掛け8年も習うことになるとは、さすがに
この時は予想だにしなかった。



「均整」に触れること自体そもそも珍しいのに、それを仕事
にする人など…まあ僕も含め相当変わっているといっていい。

そのなかでも、この先生は……。
(これ以上はいえない)

「均整」はいうにおよばず、「整体(野口)」を創始者野口晴哉氏
の直弟子の方に習い、そのほか数多ある手技療法に精通し、また
仙道の技法にも長け、武術にも詳しい…と、まあ相当にユニーク
な方だった。


ともあれ…

20代前半で育まれていた、物事の裏(本質)を見ようとする僕の
感性がこういう出会いを生んだ、のかもしれない。

表面をなぞるでなく、骨までしゃぶるがごとく手技療術を深く
堪能することは、このお陰でできたように、思う。

その底知れぬ深みのあることを、知ることもできた。

本当に、感謝の極み、ではある。



|

« 波動とは? | トップページ | 転換 »

アプローチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/25902101

この記事へのトラックバック一覧です: 骨までしゃぶるがごとく:

« 波動とは? | トップページ | 転換 »