« 「出る」「出ない」 | トップページ | 骨盤 »

2008年12月27日 (土)

2008年 2

何かを整理しようとする場合、まず要素ごとに分類する
作業から入ると、整理しやすい。

その全体を俯瞰できればグッと早いけれど、そこにこだ
わると整理つかないのでcoldsweats02、まずは分かっているところ
から手をつけていくのが賢明、のように思う。

これは、普段から掃除などが得意な方にとっては当たり前
のことだが、その応用は実はいろいろな問題の解決を図る
際に活用できる。


さて、自身をどう整理するか?

問題、というものがあるとすれば、それはたぶんそのなかに
巻き込まれている本人にとっては、足元が定まらないような
感覚のなかにある、だろう。

あるいは、上から何かがズシッとかぶさった感覚や、目の前
に文字どおり山のように積み重なっているような感覚をもつ
場合も、あるかもしれない。


ここで注意しておくのは、それは「実態」ではなく、その
ほとんどは自分で創作した、フワフワした擬態、だという
こと。

中心となるテーマは、実際はわずかしかない。
要素ごとに分類したあと、その中心となるテーマに
自身の意識をむけてみる。


そうして、中心にたどり着くことができれば、その
問題が実は、そんなに大きくもなければ困難なこと
でない場合も、多々ある。

たとえ困難であっても、これにより足下を定める
ことは、易しくなるだろう。


この分類や抽出が難しいと感じる場合は、紙に
書いてみるといい。

最初から整理して書くのでなく、まずは気になる
ことや言葉をざっくばらんに、気ままに書いていく。

ある程度書いて、「ふう」という感じになったら
次にそこから自身にひっかかるキーワードを拾って
いってみる。

そこまでいけば、あとは気になるテーマごとに分類
したり、順位をつけたりしてみることも、できる…

……だろう。

このようにして、漠然とした事柄を紙の上に
書いてしまうと、それだけで全体を俯瞰して
いる…ことになる。

また、そういう「クセ」もつくので、もしこれを
読んで方法などをもう少し詳しく知りたいという
方がいれば、メールにて。


さて、

このようにして、自身を整理してみた。
そうすると不思議なもので、動く方向性やどう動く
ことを自身の無意識が望んでいるか、もその糸目が
ついてくる。

そしてその方向で動いていくことで、新たな出会い
や気づき、いわゆる機縁もつながっていったり、する。


昨年末から多少うつっぽい方向に傾いていた僕だったが、
もはや、その位置にはいないようだ。
おかげで、うつという状態を実体験として感じることが
できたし、いい学びになった。

その時期、ある高僧と出会うことができ、その契機となる
思想やイベント(?)に触れ、参加することができた。

それらは、潜在意識の奥から汚れをクリーニングするような
作用をもたらしてくれた。


もう、誰から誘われてもコラボレーションすることはない
だろうと思っていた。
でも、「期待」と「信頼」の違いや意味を識る方にお声を
頂き、どこにもないユニークな「会」を開くに至った。


それまで踏み込むことを頑なに拒否していた禁断の領域
ともいえるセラピー分野に、足を踏み入れた。
来年以降、そのベールを剥いでいくことだろう。






今年は、29日まで。
本当に、素直に、感謝をしつつ…。














|

« 「出る」「出ない」 | トップページ | 骨盤 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

去年の暮れを思い出しても、この時期に直面している事態が想像できたでしょうか?
世界規模の金融危機、急激な円高・・・

自分自身の中に起きた体と心の変化。
へぇ~こんな次元があったのねぇ~という感覚?
起きた事への消化がスムーズだったのは、年を重ねたせい!お世話になりました。

少し不親切な案内図?でも何とかたどり着け、買って帰りました。
GOODでした(^O^)

投稿: r12 | 2008年12月27日 (土) 12時02分

どうも、失礼しました…(^-^;
でも、GOODで良かったです。

出来事は、諸々重なりあって起きるもの
でしょうし、それを消化できる体と心で
あるから、ではないかと……happy01

こちらこそ、お世話になりました。
ありがとうございます。

投稿: 田村 | 2008年12月27日 (土) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/26540724

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 2:

« 「出る」「出ない」 | トップページ | 骨盤 »