« 動く力 | トップページ | 情報を削る »

2008年12月23日 (火)

2008年 1

年末。

社会は、ある規律性のもとで展開しているのだな、
と思う時期。


2008年は、僕にとってなかなかに貴重な年だった、
そう後になって振り返る時が、くるかもしれない。

もしかして振り返った、その時のために、記すdog



それまでの数年。

認識はしていても、放っておいたこと。
知ってはいても、おざなりにしていたこと。
予想はしていても、具体的に対策を講じなかったこと。

…などなど、自らが積み重ねてきた様々な事象。

それらが二重三重に重なり、なかば押しつぶされそうな
状況にあった。
まさに、アップアップwobbly

重なる時は、重なるもの。
それを呼び込む、何かが己れに備わっているのだから。

まあ……しゃあないgawk


そう心に想ってはいても、やはり揺らぐ。

まだ、「覚悟」が芯まで備わっていない。
僕は、何をやってきたのだろう……。

そう思うばかりの日々が、いたづらに過ぎていった。

人は、そうとは知らずともそれを直観する。
何かを感じ、そして去る人は去る。

人にさまざまな癒しをもたらす。
それを生業とする、その資格などないとまで思った…。


それほどまでに疲れ果てていた。
それが、2008年の前半までの、僕である。

|

« 動く力 | トップページ | 情報を削る »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/26427649

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 1:

« 動く力 | トップページ | 情報を削る »