« 名称 | トップページ | からだのはなし1 〜柔軟性〜 »

2008年11月11日 (火)

【TAMURATIC】について2

まず、昨日の記事(「名称」というタイトル)は、一部訂正しました。
よろしければご確認ください。

ホント、入り組んでるなぁ。
「均整」は…。





【TAMURATIC】。
「仮称」ではあるが、ある種の自己表明でもある。

だから、当面は、これでいく。


人は、基本的に「正体」のわからないものを、恐がる。

もっとわかりやすくいえば、「自分の理解の範疇にないもの」
を見ることを、といってもいいかもしれない。

好奇心、探究心の旺盛な人間にとっては

「未知なるもの」

は、ほかに換えがたい大切なオカズなのだが、そうでない
方々にとって、「未知」は畏怖の対象なのだ。

「恐怖」については、いろいろな角度から今後書いて
いくつもりではある。
たとえば、「病気」への恐怖などもあるが、此れは現代では
ただ単に「未知」だから、ではない。

かなり、構造的。
まあこのあたりはいづれ。




で、【TAMURATIC】。

僕は開業当初から、ほとんどすべての来訪者の方に
いわゆる口コミで出会わせていただいてきた。

そのなかで、だいたい8割くらいの方に

「均整って、何ですか?」

と聞かれてきた。


口コミだからそういうことはないだろう…と普通は
考えるかもしれないが、そうではない。



これは最近でもいえるのだが

「自分が何されて調子よくなったか、わからない」
「どういうことをするのか、(理解できないから)言えない」

という意見を、当時から言われてきた。

開業当初は、それでもプリント作ったり、事細かに説明したり
とやってはいたのだが、一番便利でわかりやすいのが

「ゆがみを直す」

という言葉だった。

まあ「均整」はゆがみを直すのだから、それでいい。

でも、

「何されてゆがみが直ったか、言えない」

という段階が、当然やってくる。

僕のキャラクターの、怪しさゆえなのだろうけれど。。



たとえば

「健康」という概念がある。
でも、では「健康」とは、はたして何だろうか?

こういう概念が必要なのだろうかと、いろいろ調べたこともある。

でもねぇ…。
答えなんて、

求めるもんじゃない

んだと、気づいた。

もうすでに、そこにあるんだし。


で、【TAMURATIC】では、

健康を求めない

というのが、コンセプト。



過不足なき気の流れ

健康ではなく、この実現が、目的。


そういうのって、「未知」、なのかな。




























|

« 名称 | トップページ | からだのはなし1 〜柔軟性〜 »

TAMURATIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/25226226

この記事へのトラックバック一覧です: 【TAMURATIC】について2:

« 名称 | トップページ | からだのはなし1 〜柔軟性〜 »