« 身体開発という視点 | トップページ | 挫折2 »

2008年11月27日 (木)

挫折

【TAMURATIC】の主要な手法の大きな特徴。
それは、受者の方に悪影響が起こる可能性が相当に
低いということだろう。

「ない」とまで言い切ってしまうと多少語弊がある
とは思うが、少なくとも可能性は相当低い。


ここにくるまで、種々さまざまな出来事があった。


ごく初期の頃は、その大小はあるもののよく失敗を
していたなと、いまにして思う。
もちろん、その当時は必死だから、意地でもなんとか
していたワケだが。。


しかし、昨年、本当に久しぶりに失敗をした。
そして、久しぶりだっただけに、かなりショックだった。

もちろん、事故というような失敗ではない。
ごく小さな、でも自分にとっては大きな出来事だった。

この時から、

「失敗のない」

手法を模索し始めた。

その模索の一形態が、いまの手法である。




|

« 身体開発という視点 | トップページ | 挫折2 »

TAMURATIC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1122515/25700956

この記事へのトラックバック一覧です: 挫折:

« 身体開発という視点 | トップページ | 挫折2 »